安いで選ぶと痛い目に

引っ越しがいくらかかるのか。

引っ越しの相場ってよくわからない部分もおおいですよね。引っ越しの種類を大きく分けると3つに分けられるでしょう。

 

まずは、荷造りからすべてを業者に任せる方法です。

これは間違いなく一番高くついてしまいます。また、自分でトラックだけ借りてすべて運んでしまうという方法もあります。単身ならこれでもできそうですが、家族になると大型免許を持っている人でもいないとすべてを運ぶのに時間が掛かってしまいます。
ここでは荷造りを自分たちでやりながら、トラックの輸送だけを業者に頼むことをオススメします。

梱包材も自分たちでそろえることができれば尚いいです。小物については、近くのコンビニやスーパーでもらえる段ボールを使えばタダで荷造りができます。

洋服は衣装ケースがあればそのまま運べますし、家電も角に段ボールなどを当てておけば大丈夫です。もちろん、業者などから梱包材を購入する方法もあります。

ただ、なかには大切な家具などもありますよね。そのような場合はオプションで別途梱包をしてもらうのがよいでしょう。

 

そうして荷物がどれくらいかが大体わかってきたら、複数の引っ越し業者に見積もりをしてもらってください。

ほとんどの業者は無料で見積もりをしてくれます。見積もりで業者が判断しているのは主に荷物の量と輸送距離、作業人数、オプションなどです。

もし、荷造りを自分ですれば必要な人数は減りますから、安くなりますね。すると、各業者によってかなり値段が違ってくるはずです。

そうして安いところに絞り込んでいきます。

 

いくつもの業者に見積もりを出すのは面倒、なんて方にオススメがあります。

なんと引っ越し業者に一括見積りを送ってくれるサイトが多くあります。そのサイトを活用すれば、必ず安いところが見つかります。

 

また、注意したいのは引っ越しの時期です。

新年度が始まる3~4月は引っ越しの件数が多く、値段も高めになります。

桜

学生時代のとき、新学期に合わせて2月に引っ越したことがありました。その時はある程度時間の融通が利いたのですが、そのとき運転手に聞いた話では「3、4月はほんとに忙しくて1日に何件も運ぶから今日みたいにゆっくりはできない」とのこと。お金もかかるし、時間の制約も厳しくなってしまいます。

 

最後に、安いからといって安易に選んでしまうのはとても危険です。

業者によっては、安く済ませるためにほとんどがアルバイトということも考えられます。

アルバイトは、引っ越しに関して素人ということです。

家具や旧居、新居に傷をつけてしまう可能性がそれだけ高いということです。これではせっかく安く済んだのに結局は、普通よりも高くかかってしまったなんてこともあり得ます。

そうは言っても、どれがいいのかなんてわからないですよね。

そのようなときには、口コミサイトを見るというのが有効な手段です。オススメは『引っ越し侍です。

>> http://hikkoshizamurai.jp/voice/

引っ越し業者の紹介件数は1000万件を超えています。このサイトは無料で見積もりもできるので安い業者の口コミを見ることもできます。

これなら安心して選ぶことができます。それでも信用できないならば、自分で調べてみましょう。

その時のポイントは国土交通省の認可を受けた業者なのか、標準引越運送約款を採用しているか、見積もりの明細は詳細に記載されてあるかという点です。

これを満たしていない業者の場合はいくら安くても避けた方が安心です。ネットで調べてもないときは直接問い合わせてみるのも有効な手段でしょう。