犬の登録変更について

引越しの時に登録変更が必要なもの、それは犬

引越しの時には様々な登録の変更が必要になりますが、変更の必要があるものにペットの犬の登録住所があります。
ペットを飼う方は登録が必要です。
引越しすると住所が変わるため、この犬はどこで飼われているのかという登録の変更が必要になるのです。

これは日本の法律で決まっているものなので、必ず行なっておくようにしましょう。
犬の住所の登録が必要なのは、狂犬病を予防するためです。
狂犬病は広まると大きなトラブルにつながる可能性もあります。
そのため感染を予防するために、国や県、市町村でも登録住所の把握が必要なのです。

犬の登録住所の変更手続きの仕方

犬の登録住所の変更手続きの方法は、引越し住所によって異なります。
引越し先が遠方で、今住んでいる市町村とは異なる地域に引越しする場合は、今住んでいる住所、つまり旧住所での登録変更が必要となります。
役所に行くと転出届ができるので、まずはこれを終わらせてから引越し先の新住所の役所に行き、再度の手続きが必要になります。
旧住所と新住所の2カ所で手続きが必要ですが、愛犬のためにも頑張りましょう。

また、役所には引越しの時には行く必要があることも多いです。
そのため、合わせて行なうと効率良く手続きを済ませることができます。

今住んでいる住所と同一の市町村内での引越しの場合は、役所に申請をすることもできますが、インターネットで手続きをすることができる場合もあります。
市町村のホームページに情報が載っているので、そうした情報を参考に登録変更の手続きを行なっておきましょう。

登録変更には手数料が必要になることも多いです。
そのため、事前に役所に確認してから足を運ぶと良いでしょう。
ペットの登録変更の手続きをしたいが、必要なものと費用を教えてほしいと伝えると教えてもらうことができます。
前もって確認をしておかないと2度手間になってしまうこともあるので気をつけましょう。

また、犬を引越し後に飼い始める際にも登録が必要です。
飼い始めてから30日以内に役所で登録をする必要があるので、飼う予定がある方は必ず行なうようにしましょう。
もし行なわない場合、罰金などのペナルティがある場合もあります。
別にいいやと思ってそのままにしてしまうと思わぬ所で費用がかかってしまいことがあるので気を付けましょう。

犬の登録変更を忘れずに

このように、犬の登録変更も引越しでは必要になります。
自分の住所などの変更手続きで大変かもしれませんが、犬も家族の一員です。
しっかり登録変更をして、家族皆で引越し手続きをするようにしましょう。
詳しい情報は市町村の役所のホームページでチェックできるので、そちらもチェックしてほしいと思います。

1 2 3 11