引っ越し前の掃除

退去時の掃除について

引っ越しをする時に荷物を運び出したら終わりかというと、そうではありません。
家具やダンボールなど荷物を運び出した後には、今までどこに隠れていたのかと驚くくらい、綿埃や細かいゴミなどが部屋に散乱することになります。
完全に退去する前に、これらを掃除しなくてはなりません。
ここできっちり掃除をして綺麗にしないと、退去時に余計なお金を取られることにもなりかねないので、しっかりとやっておきたいところです。

引っ越しが決まったら、早めに汚れのチェックをしておきましょう。
荷造りをやりながら、出来る範囲で少しずつ綺麗にしていきます。
壁や窓の大きな汚れ、目立つ汚れから始めるといいでしょう。
壁紙は水をつけて強く擦りすぎると破れてしまうことがあるので、濡らした布の水分を極力絞り力を入れ過ぎないように注意しながら小さく擦ったり、消しゴムを使って出来るだけ優しく掃除します。
引っ越し日が近付いてきたら、台所やお風呂、トイレなどの水回りも掃除します。
キッチン周りの汚れにはオレンジオイル配合の宣材が、お風呂の水あかや黒ずみにはカビキラーなどがオススメです。

引っ越し当日の掃除

当日までに出来る範囲でやっておけば、引っ越し当日の掃除が楽になるとは言え荷物がなくならないと出来ないことが多いため、やはり時間はかかります。
遠方への引っ越しの場合は難しいですが、同じ県内など比較的近距離の引っ越しの場合は引っ越し作業の翌日に掃除をするための時間を取った方が良いかもしれません。
長く住んでいるほど部屋は汚れているものですので、しっかりと掃除をした方が退去時に大家さんや管理人さんに与える印象は良くなります。

ちなみに、引っ越し作業の時に掃除道具を全て運び出してしまうと、後で掃除が出来なくなってしまいますので気をつけましょう。
必要なのはホウキ、チリ取り、雑巾、拭き取りがいらない洗剤、ゴミ袋、部屋数が多い場合は掃除機もあった方が良いです。
後から足りなくなるよりも余る方がいいので、ゴミ袋は多目に残しておきましょう。
掃除をする時は高いところから低いところへ、上から下に向かってやっていきます。
天井の埃をホウキなどで落とし、照明器具が据え付けであればその笠の埃も忘れずに落とすようにします。

掃除

賃貸物件の場合、壁紙は入居者が変わる度に張り替えることが多いので神経質になる必要はありませんが、画鋲や粘着フックなどを使用していたなら取り残しがないように気を付けます。
次にクローゼットや押入れなどの収納スペースの中を、忘れている物がないか奥の方までしっかり確認しながら掃除していきます。
床は四方から中心に向かってゴミを集めるように掃除します。
ホウキなどを使う場合は埃が舞い上がらないよう、静かに掃きましょう。
トイレは掃除中に使う可能性があるので、一番最後に掃除します。
全てが終わったら、忘れていることがないか確認してからゴミ袋を閉じて運び出し、玄関や室外も最後に綺麗に掃除してから終了です。