手続きの期限に要注意

【引っ越し後の手続きについて】

引っ越し前と同じように多くの手続きが待っています。役所での手続きが多いです。まとめて手続するためにも、漏れがないようにチェックリストなどをつくっておくとよいです。

 

役所での手続き
・転入届
他の市区町村から引っ越してきた場合に必要になります。必要なものは、印鑑と転出証明書です。

 

・国民健康保険の加入
他の地区町村から引っ越してきた国民健康保険の加入対象者がおこないます。必要なものは印鑑、転出証明書、身分証明書です。

 

・国民年金の住所変更
印鑑と国民年金手帳が必要です。引っ越し前の手続きはありません。

 

・印鑑登録
実印を所持するために必要です。印鑑、身分証明書が必要となります。

 

・子ども手当
中学校修了までの子どもがいる場合には申請しましょう。印鑑、請求者名義の銀行口座番号などが必要になります。

 

・飼い犬の登録
飼い犬がある場合は登録が必要になります。印鑑、旧住所地で交付された飼い犬の艦札、狂犬病予防注射済証が必要になります。

愛犬

 

【その他の手続き】

・子どもの転校手続き
引っ越し前の手続きの続きです。教育委員会の定めた学校に、転入学通知書、在学証明書、教科書給与証明書を提出しましょう。ただし、国立・私立の場合は学校により対応が異なります。事前に連絡し、確認しましょう。

 

・運転免許証の住所変更
近くの運転免許試験所または所轄の警察署で住所変更を行いましょう。運転免許証、住民票、印鑑が必要です。他の都道府県の場合、写真が1枚必要になります。

 

・車の登録変更
陸運支局で手続きをします。印鑑、自動車検査証、自動車損害賠償責任保険証明書、自動車保管場所証明書、変更の事実を証する書面(住民票など)が必要になります。

 

・車庫証明
車の保管場所を管轄する警察署に申請します。車庫証明が発行されるのに3~4日かかります。引っ越しの時期に合うようにすぐに車庫証明の申請をすることをすすめます。軽自動車やバイクもそれぞれ申請が必要です。乗用車に関する申請は多いです。漏れがないように注意しましょう。

 

・インターネットの契約
忘れがちなのがインターネットの契約です。今現在、インターネットは欠かせないものとなっていますが、その接続方法さまざまあります。家でネットを使うことが多いか、勤め先や出張先で使うことが多いか、家族のうち何人がネットを使うか、条件に合った選択が必要です。現在は自宅向けの光ファイバーやWi-Fi・Wi-Maxなどといった無線LANの利用者も増えています。さらに、今のスマートフォンではテザリングといって、スマートフォンがあればネットにつなげるようにもなりました。月額でネットの基本使用料がけっこうかかっているという人も多いのではないでしょうか。引っ越しを機に見直してみるのもいいかもしれません。